・・・カフェにピッタリなインテリア建材のお店 ウッドカフェ | WOOD CAFE 

自然塗料 蜜ろうワックス 蜜太郎カラー(チョコレートブラウン色)

価格: ¥9,800 (税込 ¥10,584)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら


アンティ-ク家具が似合うカフェのようなブラウンカラーの蜜ろうワックス仕上げ

長年に渡り、ご愛顧頂いている蜜ろうワックスに2色のカラーが登場しました。
試作を重ね、子育て世代の方が好むカフェテイストのブラウンカラーに仕上げました。

「ナチュラルな木の色もいいけれど、カフェ風の落ち着いた雰囲気にしたい」
「家具がシックな色が多いので、天然の木の色だとバランスが悪い」
「濃い色のフローリングがいいけれど、高くて予算が合わない」
「DIYで塗りムラがなく、簡単できれいに仕上がるカラーワックスが欲しい」
そのようなご要望に応えるのがこの蜜太郎カラーワックスです。
主成分は、蜜太郎Ⅲと同じ「ミツロウ・亜麻仁油・ヒマワリ油」で作られており
小さなお子様やペットを飼っておられるお家でも安心・安全にご使用頂けます。
使い方もとても簡単で、一度塗りでしっかりと色がつくため、2度塗りをする手間はかかりません。

床だけでなく、無塗装の木部であれば壁やカウンター、家具などにもご使用頂けます。
あえてきれいに塗らず、塗りムラを作ることで自然な経年変化の表情を作ることも
できますし、2色のカラーを塗り重ねてより立体感のある表情に仕上げても素敵ですね。
ブラウンの色には、木や土、大地などを連想させる雰囲気があり、
古い建物の木部が経年変化し濃い茶色になったものや、自然の中にも溶け込んでいる色の為、
知らず知らずのうちに私たちはその色から安心感を感じとっているそうです。

蜜太郎カラーで、毎日広い大地の上で過ごしているようなリラックスできる空間を
手に入れてみませんか?
配送についてはこちらお支払いについてはこちらお問い合わせはこちら

商品名  自然塗料「蜜ろうワックス 蜜太郎カラー(チョコレートブラウン色)」
商品番号  mituroucolor_chocolate
内容量  1L (約30~40㎡(18帖~24帖)ご使用頂けます)
成 分
 向日葵油(ひまわり)、亜麻仁油(あまに)、 蜜蝋(みつろう)を絶妙なバランスで精製した
 自然成分の塗料です。蜜蝋《向日葵油、亜麻仁油、着色顔料》
 
特 徴
 古色のイメージのダークブラウンのカラーへの塗装が可能です。
 永く使い込んだ風合いを簡単に仕上げる事が可能です。
 広葉樹のナラやサクラ、針葉樹のパインや檜の樹脂がオススメです。
 
効 果
 ・向日葵油(ひまわり)・・・・・防腐・防水効果があります。
 ・亜麻仁油(あまに)・・・・・・・防腐・防水効果があります。
 ・蜜蝋(みつろう)・・・・・・・・・表面のツヤ出し、保護の働きがあります。

使用方法
 1.まず床をきれいに掃除し、ほこり、チリが残らない様にします。
    (ほこり、チリ等が残らないようにしてください。)
 2.ワックスを家庭用スポンジ(台所用、自動車用等で可能です)に取り
    表面に刷り込む様に均等に延ばします。
 3.塗料が床に浸透させる為に、約2~3時間程度お待ち下さい。
 4.乾いた布で、ツヤが出るまで乾拭きしていただければ終了です。 (これがポイントです!)
   ※十分に乾拭きができてないとべたつく場合がございます。
 
使用上のご注意
●自然発火にご注意
 塗装の際、拭き取りなどに使用したウェス(布やスポンジ)は直ちに必ず水の入った容器に入れて
 十分に水に浸してから処理して下さい。塗装後、そのままの状態で放置すると自然発火し
  火事になる恐れがあります。

●換気のご注意
 塗装作業中は窓を開けるなど、十分に換気を行ってください。
 閉め切った部屋で塗装を行わないで下さい。
 また、塗装後は通気の良いところで十分に乾燥時間を置いて下さい。

重 さ   950g

 
無垢フローリングのページへ
壁材のページへ
ドアのページへ
塗料のページへ
ヴィンテージボードのページへ
テーブルトップのページへ
アンティーク家具のページへ
受注制作品アンティークウッドのページへ
受注制作品アンティーク古材テーブルのページへ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日


■カスタマーセンター

 月曜日~金曜日(土日祝休)

 am11:00~pm15:00

 075-622-8889

 mail:info@wood-cafe.jp

QR

infomation

2015/01/10
ごあいさつ

まるでお洒落な「カフェ」の様な内装インテリアに仕上げるための建材を集めたセレクトショップがオープンしました。

店長ご紹介

「お家がカフェになります・・・。」

時代の変化の早さを実感することが多くなりましたね。
毎日を一生懸命過ごす中で、ふと自分だけの居場所の住処に戻ってゆったりと過ごしてみたいと思うことってありませんか?
それは、休日にお気に入りのカフェで読みたかった本をゆったりとした気持ちで読みながら、お気に入りのカフェラテを飲みながら。。。
大好きな場所で大好きなインテリアに囲まれながら。
自分だけのお気に入りの空間づくりのお手伝いをさせていただきます。
それは世界のどの場所よりもリラックスでききる場所であってほしいと思います。
日頃頑張っている貴女へのご褒美のスペースです。
この空間でリセットできて心から穏やかで優しい気持ちに戻れる時間を持ってほしいと願っています。

ウッドカフェ 
店主 杉田りつみ
店長日記はこちら >>

ページトップへ